退職理由はたいていは「自己都合退職」が多いものですが、事業者側の整理解雇や合併による解雇なども、近年は多くなっています。

上記のような場合、「自己都合退職」と「会社都合退職」では失業保険の手当などに影響しますので、真の理由を記載するようにします。

会社を退職するのはどちらも同じですが、各種手当やその後の転職活動を見越しておく必要があります。

まず、退職理由の種類について記載します。

  • 自己都合・・・転職や結婚などの理由です。
  • 会社都合退職…会社の業績不振や倒産など、会社側の都合によるものです。

次に、退職理由が後々影響する事柄については、

  1. 失業保険手当・・・自己都合より、会社都合のほうが支給開始が早く、支給日数でも優遇されます。
  2. 退職金・・・自己都合の場合は退職金が減額されたり、会社都合であれば上乗せされたりします。
  3. 転職活動に与える影響・・・会社の倒産や整理解雇であれば、企業側もやむを得ない事由と捉えてくれます。自己都合退職ばかりが多いと、マイナスイメージになります。

なお、転職活動の際に、面接時に虚偽の退職理由を述べるのはNGです。転職先企業が前職企業に問い合わせるなどする場合があります。

Follow me!