政府が、EPA(経済連携協定)に基づく介護福祉士を目指して来日する人材とは別枠を設けて、新たな介護人材受け入れを検討していると報道が、ありました。

2025年の介護人材不足を補うためです。

 

現在我が国が経済連携協定を締結しているのは、インドネシア、フィリピン、ベトナムです。

各国、毎年300人の上限受け入れ枠がありますので、それとは別枠で受け入れたい趣旨です。

 

新しい基準はまだ示されていませんが、日本語能力N2以上で調整される見込みです。

 

先日発表された新たな在留資格による外国人受け入れもそうですが、各業界の人手不足は深刻です。

外国人受け入れ枠を増やす施策に一定の理解はできますが、そもそもなぜ日本人労働者が介護職に就きたがらないかの検討も必要でしょう。

 

介護職は政策に待遇が左右されます。

とすれば、政策によって魅力ある業界にも変えていけます。