せっかく人材紹介業者を利用して転職先を決めたのに、その後は転職エージェント・コンサルタントとの関係を絶ってしまうケースが多いです。

しかし、関係を継続していると、新しく入職した職場の悩みなども聞いてもらえ、何かと力になってくれます。

例えば、人材紹介業者には1社員では知りえない経営に関する情報が入ってきますし、他の施設の情報も入りますので、自施設だけでなく他施設と比較して考えることができます。

職場内のコミュニケーションや不慣れな仕事で悩んでいる場合にも、上手く経営陣に配慮してもらえるように助言するなどは、よくあることです。

転職エージェントも自身が紹介して入職した方については、楽しく・長く働いてもらいたいと考えています。

商売上のことではなく、心からそう思っています。「この職場を紹介してもらって良かった」と言われるのが、何よりのやりがいになるからです。

そのため、入職した後に悩みがあると相談に来られると、親身に対応し、万が一合って職場だと判断できる場合は、再度の転職先をご紹介します。

もちろん、早期の退職や転職回数が多いのは不利ですから、慎重に行う必要はあります。

上手く、人材紹介業者、担当コンサルタントを利用してください。

Follow me!