面接時に、面接官が会社概要や職務内容などを説明すると思います。

途中で、「質問はありますか?」

と問われた際に、「ありません」

と答えるのはいけません。

まず、面接中は面接官とキャッチボールをするように心がける必要があります。

面接官の意図を察知し、それに応じた内容を答えることで言葉のキャッチボールができる人は、コミュニケーション能力が高いと評価されます。介護・看護現場では良好な人間関係を構築することが、最重要スキルだからです。

ですから、質問がありますかと問われて、ありませんと答える人は、そもそも言葉のキャッチボールをする気があるのかと疑われます。

入社意欲も低いと思われてしまいます。

面接前にはいくつか質問を準備し、話を広げられるように考えておくべきです。

全ての質問が尽きてしまった場合でも、

「御社の説明をお聞きして、ますます入社したい気持ちが募りました」

などと、意欲を見せられればポイントは高いです。