2019年4月1日よりスタートした、新しい在留資格です。

一定の技能水準と日本語試験に合格すれば、「特定技能」の在留資格で日本に滞在できます。

介護職も対象になっていますので、順次試験合格者が出て、日本の介護現場で活躍される方が増えていくでしょう。

 

当方でも、上記試験合格者であれば、在留資格の申請サポートから入職先にご紹介まで、一貫して支援できます。

新しく始まった制度ですから、最初はどこも戸惑い、手探りでのスタートですが、働く外国人の方が不安でないようにと考えています。

また、事業者側にとっても、入職者が貴重な戦力になるように願い、ご紹介します。

 

試験合格者やそれらの方の雇用をお考えなら、ご相談ください。

 

特定技能の外国人