転職サイトや各種人材紹介会社のサイトなどを見ていると、よく目にするのが非公開求人です。

会員登録すれば非公開求人も見られますから、まずは登録してくださいとの誘い文句がそこらじゅうに記載されています。

しかし、現在の医療福祉業界に非公開求人なるものが存在するのでしょうか?

当方の見解では非常に疑わしいと考えています。

というのも、現在の医療福祉業界は慢性的な人材不足で、非公開求人など経験上扱ったケースはなくほとんどオープンになっています。

企業側は少しでも自社の求人を広くアピールしたいので、自社求人を非公開にしてもらいたくありません。非公開にされるくらいなら、公開して広く周知してくれるサイトに依頼しますのでサイト運営側も求人をもらえなくなって困ります。

つまり、会員登録してもらうための、手段に過ぎません。

実際に登録した後も、非公開求人を案内してもらえたという話を聞きません。そのサイトでのみ非公開で、大手サイトなどで広く公開されているような求人を紹介されるようなケースはあるかもしれませんが、非公開とは言えません。

ただし、真に非公開求人も稀ですが存在します。

概ね、管理職が多いです。一定のキャリアのある方をポストに就けるケースです。ほとんど引き抜きに近いような場合は、非公開で行います。

また、ある職場で退職者が出る状況はわかっているが、まだ職場内で公にできないケースも非公開求人になります。

求人を出すと職場内に退職予定者がいるとわかります。何らかの事情で退職予定者がいる旨を隠しておかなければいけないケースです。