当事業所の特徴である逆指名のシステムであれば、自分を採用したいという複数の事業者の中から、事前に条件を調整して、面接に臨めます。

非常に好評をいただいているシステムです。

逆指名のシステムは、まず求職者から勤務条件、希望地域、施設の種類などを詳細にお伺いします。

第一段階として、条件に該当する事業所に向けて、一斉にオファーを出します。個人が特定されるような情報は出しませんので、ご安心ください。

オファーに対して、たいていは複数の事業所から面接したいとの返答があります。

そこで、求職者の気になっている条件や職場環境などを当方が確認します。

求職者の希望に合っていたら、面接の設定を行います。

この時点で、ほぼ求職者と事業者の条件面で大きな相違はなくなっています。

その後、面接で互いの人柄や雰囲気を掴み、採否が決定されます。

段階は踏みますが、事前の調整を行っていることで、マッチングの可能性が高まりますし、求職者が後悔しない転職する確率も高まります。