入社意欲の高い人材は、会社について具体的な話ができるものです。

採用担当者は間違いなく理解していますので、企業のことをどれだけ知っているかを、応募者に確認します。

応募者としては、どうしても入社したい企業については、できるだけ情報収集することが肝心です。

手っ取り早いのは、会社のホームページを隅から隅まで眺めて、共感できる点、疑問に思う点をメモします。

それらについて、自分なりの考えも用意しておきます。

就転職はある意味恋愛と同じですから、相手企業のことをどれだけ知りたいと考え、自身との相性を探ることです。

面接の際に、「当社のホームページを見ましたか?」

と問われて、「見ました」「綺麗なホームページでした」「よくできたホームぺージでした」などの返事しかできないのは、入社意欲を疑われてしまいます。

自社ではなく、ホームページの制作業者を褒めているようにも、取られかねません。

また、できれば当該企業で働いている人や取引のある人などから生の情報を得られれば良いでしょう。

それらの情報について自分なりの意見を述べられれば、ポイントは高くなります。

その他、企業のパンフレットやプレスリリースなどからも得られる情報は多くあります。

入りたい企業の研究を怠ると、それだけ採用確率は下がると考えて、まず間違いありません。