昔から、35歳を超えると転職ができない、転職が難しくなると言われています。

介護職や看護師など医療福祉業界においても、当てはまるのかを考えたいと思います。

一般的に、医療福祉業界においても、35歳以上は転職が不利になるのは間違いありません。

今は年齢による差別をしてはいけませんが、同じようなスキルの方が採用試験を受けに来た場合、若い方が採用される傾向にあります。

企業側からすれば、若い方は

  • 長く勤務して会社に貢献してくれる
  • 仕事の飲み込みが早い、知識の吸収も早い
  • 体力がある
  • 成長ののびしろがある

などと考えています。

もちろん、人によって差異があるため、中高年でも若い人に負けないくらいの体力がある方はいます。

ですが、それらは面接の際にはわかりませんので、一般的な見方で企業が採用するのは、ある程度仕方がないと思います。

そのため、35歳を超えた転職活動は厳しくなると考えるべきです。

しかし、以上はあくまで未経験者の転職やスキルが同じ方が同時に採用試験を受けた場合です。

看護師や介護福祉士といった有資格者・経験者や、一定スキルを活かせる方にとっては、年齢はそれほど問題になりません。

ご自分が即戦力で、何ができるかを明確に伝えれば、企業は採用します。35歳限界説など問題ありません。

35歳以上の転職は、若手とは異なり、経験やスキルを求められる点が違います