転職面接や履歴書作成の際に、必ず記載しなければならない自己PRですが、なかなか自分の強みやPRが思い浮かばない方も多いのではないでしょうか。

自分のことは、自分ではなかなかわからないものです。

いくつか自分の強みや長所の見つけ方を記載しますので、悩んで筆が進まないという方は、下記の方法を試してみてはいかがでしょうか?

  1. これまでの実績、仕事上で上手くいったことを膨らませる(例:プロジェクトリーダーで売上を増加させたなどの経験があれば、人をまとめる力や目標達成能力があると評価されます)
  2. 資格やスキル(業務に関連する資格は、一定の実力や努力を示します)
  3. 他人から褒められた経験(これまでの人生で、他人から褒められた経験を思い出してください。何度も同じようなことで褒められていれば、それはあなたの長所である可能性が高いです。また、自分が気づいていないだけで、他人よりも上手くできることも強みです)
  4. 自分の仕事へのこだわり(納期の5日前には納品していた、書類の提出は3日前までを厳守していたなど、自分なりのこだわりも長所になります。ただし、記載によっては短所と受け取られたり、頑固で融通が効かない人だと思われてもいけませんので、記載後は精査するようにしてください)

以上です。見つけ出した自身の強みや長所を、具体的エピソードとともに話し、記載すれば評価が高くなるでしょう。

Follow me!