人材の流動化が進んでいるとは言われていますが、まだまだ日本の転職市場は年齢の若い方が有利です。

35歳転職限界説も、特別のキャリアがない限り、あながち嘘ではありません。

 

他の業界であれば、40代や50代、60代の方が履歴書を何百通送付して、やっと面接に辿り着けるケースがほとんどでしょう。

自分が否定されているようで、なんともやるせない気持ちになります。

「自分はまだ働ける」「若い者には負けない」と思っても、履歴書のみで選考から落とされます。

 

しかし、介護職なら希望があります。

40代、50代からでも正職員に十分になれます。

60代、70代から正職員になったケースも、あります。

 

やる気があれば、年齢など関係がないと採用してくれる事業所は、たくさんあります。

 

性差別も、皆無です。

むしろ、入居者の女性割合が高いため、女性職員のほうが事業所に求められます。

 

年齢や性別で不利益な待遇を受けている方は、介護業界はお勧めです。

入職後に、ケアマネや社会福祉士などのキャリアアップの道も開かれています。

Follow me!