サイトにも記載していますが、日本では35歳転職限界説が囁かれ、年齢が上がると転職が難しくなります。

時代が変わり、昨今では40代、50代でも人材が動くようになっていますが、まだまだ転職市場は旧態依然の体質です。

40代、50代で転職活動をしたらよくわかりますが、履歴書を送っても相手にされない、100通送って面接にまでたどり着けるのが数社といった状況が普通です。

 

「人材不足とはどこの国の話か?」

と思いたくなりますが、現実です。

 

実際に、当方が事業者様とやりとりする中で、求人には年齢を記載していなくても、実際には20代、30代前半の人材が欲しいと告げられます。

年齢で人材を区別するなどナンセンスですが、採用するのは事業者側ですから、従う他はありません。

 

もちろん、特別なスキルをお持ちであったり、管理職についてはは年齢は関係ありません。

 

また、当方が得意にしている『介護職/看護職』につきましては、年齢に非常に寛容な業界です。

40代、50代からの入職でも採用されますし、正社員を目指せます

他の業界で一生派遣やパートで終わるリスクを考えると、正社員を目指せる介護職は将来に希望があると考えています。

 

実際に、当方がご紹介した案件でも、60代は当たり前、パートですが70代の実績もあります。

 

働く意欲があり、体力に自信のある方は、ご相談ください。

きっと、お役に立てます。

Follow me!