面接の際に、独自に学習していること、自己啓発していることを聞かれることがあります。

この場合、転職希望先企業で活かせる自己啓発なら問題ないが、全く関係のないものを伝えるのは良くないです。

また、自己啓発を全く行っていないというのも、いけません。

というのも、起業側の意図は、この応募者は自ら学ぼうとする姿勢はあるかを見ているからです。

自ら学ぼうとする姿勢がない人は、受け身で、前向きな仕事ができない、熱意に乏しいという印象を周囲に与えます。

自社で活かせるような自己啓発を行っている応募者であれば、企業側は評価しますし、未経験者の転職であっても入社後に努力する人材だと考えます。

企業が提供する研修などのみを期待している人は、本当に働く気があるのかと勘繰られます。

自己啓発の内容には、資格取得の勉強、各種セミナーへの参加、業界団体での加入などがあります。

が、単に読書でも問題はありません。できれば、業務に関連した書籍を読み、自身が感じたことを意見として伝えることができれば言うことはありません。

冒頭でも書きましたが、業務に関連性のない自己啓発を話す場合は注意が必要です。

企業側からすれば、日々の業務に支障があっては困りますし、内容によってはいずれ他社に転職するのではないかと危惧します。そもそも、この人は何のために自社に転職を希望しているのかと思われては意味がありません。

自己啓発を語る際には、転職先企業で活かせるスキルを絡めて、どう活かしていきたいのかを熱意を持って伝えるのがセオリーです。

Follow me!