やはり若いほうが転職に有利

ハローワークなどの求人情報では、年齢や性別などで採用について差別してはならないとされています。

政府も、転職市場の流動化を図るために、再々に亘って雇用差別の禁止を周知しています。

 

しかし、採用の現場では、やはり若い人材が最優先に求められています。

同じくらいのスキルであれば、間違いなく年齢の若いほうが採用されるのげ現実です。

 

特別な資格やキャリアを必要とする職業以外は、年齢による採用の差は存在しています。

35歳転職限界説は、現在でも死語ではありません。

若い人材を採用するメリット

介護業界も、例外ではありません。

 

若い人材を採用するメリットとして、

  1. 自社の方針や仕事の手順を素直に吸収してくれる・・・これまでの勤務経験などで自分なりの仕事のやり方が身についていると、年齢を重ねているほどやり方を変えたがらない傾向がある
  2. 長く働いてくれる可能性がある・・・同じ採用コストで、長い期間働いてもらえると経費的にもメリットがあります
  3. 管理職が指示や命令を出しやすい・・・年上の部下を扱うのは、難しいと考えられています。

以上のようなものがあります。

 

もちろん、例外はあります。

よほど中高年のほうが働くケースも多いのですが、採用する側は確率で判断します。

介護業界は年齢差別を受けにくい

しかし、介護業界は比較的年齢差別は少ないです。

成長産業のため人材不足が顕著な業界ですし、今後もさらに人材を必要としているからです。

 

チームで仕事をしますので、体力的に劣る中高年やシニアでも担える業務も存在します。

元々、さまざまな経歴や年齢の者が集まっている職場です。

 

入居者のほとんどが女性ですから、特に女性は優遇される傾向にあります。

子育て後に就職するなら、介護業界はねらい目でしょう。

 

キャリアアップにおいても、いくつからでも正社員登用や出世の道が開かれている傾向にあります。

 

業務で大変な面はあるかもしれませんが、やりがい、仕事の充実感を求めるなら医療福祉業界は検討する価値があります。