転職活動の面接の際に、身だしなみで注意すべきポイントについて記載します。

身だしなみやルックスで評価されるのではなく、人柄で勝負したいと考えるのも理解できますが、第一印象は大切です。

また、一般的に身だしなみは人柄を表すと考えられていますので、最低限の気遣いは必要です。

男性のルックスで目立つポイントは、ネクタイ、ベルト回り、足元です。

  • ネクタイ・・・ネクタイの色、シャツの色のコーディネートで印象は随分と変わります。中高年であれば、若く見える、バリバリ働けそうに見えるように組み合わせます。
  • ベルト回り・・・スーツの着くずれ、シャツの皺などが目立つ場所です。
  • 足元・・・靴がボロボロではいけません。色が剥げているのもみっともありませんので、面接前に磨きましょう。

その他、髪型や髭の手入れなど、不快を持たれないようなルックスを心がけます。

神経質になる必要はなく、清潔感があり、不快に思われなければ、大丈夫です。

Follow me!