入職後に、内定の際に提示された条件と異なっている場合です。

「給与の額が違っている」

「全然違う部署に配属された・

「役職が付くと言われていたのに、嘘だった」

など、仕事内容や給与等の条件が取り決めていた内容と実際が異なる事態がときおり起こります。

上記のような対処法ですが、人材紹介業者を利用して入職したのであれば、担当者に相談してください。

入職後のトラブル等に相談にも応じてくれ、何らかの対処をしてくれると思います。

こういう場合は、人材紹介業者を利用して入職しているほうが、職場との関係がギクシャクせずに済みます。

人材紹介業者を通さずに入職している場合は、自分で会社と交渉しなければなりません。

内定通知等に条件が記載されていれば問題にはならないかもしれませんが、口約束、面接時に口頭で説明されただけであれば、証拠がありません。

感情的にならずに事実を主張して交渉するべきです。

遠慮をする必要はありませんが、自分がその後も勤務していく会社ですから、上司や経営者との関係に配慮しながらの交渉となります。