転職面接でよく聞かれる質問に、成功体験と失敗体験です。自身の成功体験を自慢気に話すのはNGですし、失敗体験を正直に話すのも、迷います。

まず、成功体験です。成功事例なんかないと仰る方もおいますが、どんなに些細な事でも構いません。

例えば、社内の事故防止委員会の委員長で、ヒヤリや事故件数を減少させたなどでもいいと思います。

何かで成功体験のある人は、今後も成功体験を重ねることができる人物だと看做されます。注意が必要なのは、過去の成功事例をひたすら自慢することです。

1つ間違えば、この人は過去の成功体験にしがみついて将来に目が向いていないと思われてしまいます。

成功体験を語り、今後にどう活かせるのか

なぜ成功したかを冷静に分析できているか

などが評価のポイントです。

反対に、失敗体験を聞かれる場合もあります。

失敗経験を恥じることはありませんし、隠す必要もありません。失敗のない人生はありません。

失敗がないと応える人は、「この人は失敗を認められない。反省できない人だ」と思われる可能性があります。

失敗事例を語ると同時に、そこから得た教訓は何か

今後、同じ失敗をしないためにどうしたらいいのか

などを応えられると、評価が高くなります。