転職活動を成功させるには、自分がなぜ転職したいと思ったのかなど、転職の目的を明確にすることが重要です。

転職目的が明確であれば、会社選びや面接に臨む際の態度にブレがありません。自信を持って転職活動を行えますので、面接時の印象も自信があり、落ち着いた雰囲気になる方が多いです。

当然に、企業側の評価も高まります。

転職目的を明確にするためには、

・そもそも転職をしようと考えたきっかけ

・自分が転職先でどのような業務をしたいのか

・転職先企業側のニーズは何か

を考えます。

転職活動のきっかけについては、自分のやりたい仕事ができない、もっと良い条件で働きたい、ポストを目指したいなどが考えられます。これらのきっかけを、もちろん前向きな表現にして明確にします。

転職先でやりたい業務も、明確に主張できるようにします。自分の好きな仕事ばかりできるわけではありませんが、企業側もやりたい仕事が明確な人はやる気があると看做します。

自身の目的やニーズがはっきりとしても、相手先企業側のニーズと合致しなければ意味がありません。アプローチし、面接を希望する企業を選ぶ際には、自身の目的と相手方のニーズが合致するかも検討すべきです。採用される確率が各段に向上します。

以上、転職を考える方の多くが社会に出て一定の年数を経ているものです。目的を明確にし、自信を持って転職活動している方のほうが、そうでない方よりも面接で信頼されて採用される確率が上がるのは、ある意味当然です。

新卒者のように、真っ新な状態でも採用されるというわけにはいきません。