中途採用で企業から評価される人材には、共通した特徴があります。

一部の専門職や非常に高い能力をお持ちの方以外には参考になると思います。

共通する特徴は、

  1. 他社でも通用する専門性
  2. マネジメント力(特に30代以上)

です。

 

①他社でも通用する専門性

他社でも通用する専門性には、これまでの実務経験や資格です。

実務経験については、今の職場でのみ通用スキルではなく、介護現場でいえば介護スキルですし、看護現場であれば看護スキルです。

実務経験年数は最低でも3年以上は欲しいところで、10年の経験があればほぼ中堅クラスの実力があると看做されます。

資格については、介護福祉士や看護師、準看護師などです。

介護職では、実務経験に応じて資格を取得していけば向上心がある人だと評価されます。

 ②マネジメント力

部下を育成、指導、コントロールする能力です。

部下を持った経験、チームを率いて仕事をして結果を出した経験は評価されます。

30代以上の方は、企業が将来の幹部や管理職候補として考えているケースも多いので、できればマネジメント経験があったほうが有利です。