一部上場の大手企業や突出したスキルのある方の面接は、中小では不利になることもあります。

意外に思うかもしれませんが、華やかな経歴の持ち主が、はたして介護業界でやっていけるのかと面接官などが疑うケースです。

ご本人にすれば、誇れる輝かしいキャリアですし、自信を持っていいと思います。

しかし、採用側とすれば、あえて大手企業を辞めて退職してくるには、何か深い理由があるはずだと考えます。待遇面の良さも全て捨てることになるのですから、よほどの事があったのだろうと思うものです。

また、大手企業は業務を細分化して、社員は自身の業務範囲のみをこなせば会社は回りますが、中小企業はそうではありません。

社員一人がいくつもの業務をこなさなければいけません。介護業界も、もちろん同じです。

マネージャーなどになると、施設の経営や人材採用・教育を担いながら、現場のヘルプにも入るなどざらにあります。

そのため、大手などから転職する際には、「なぜ介護業界なのか?」「転職する理由は何か」を、明確に話せなければいけません。

面接官が納得する説明、応対ができれば大丈夫ですので、準備を怠らないことです。

Follow me!