転職の際は、何も企業側が応募者を選ぶだけの場ではありません。応募者側も、企業の態度を観察して良い転職先を見つけたいものです。

企業側の姿勢から、従業員を大切にする企業かどうかは、何となくわかるものです。

真に人を大切にしている姿勢のある企業は、社風に表れていますので、下記のような項目を参考にして見極めるようにしてください。

  1. 面接も含めて、応対する職員が笑顔で丁寧(本当にあなたに来てほしいと思っていたら、自然に笑顔で丁寧に対応してくれるはずです。採用してやる立場だといわんばかりの企業は、自分から避けたほうが無難です)
  2. 話しの節々で入社して欲しい、良い人材を求めている(企業は人なりを理解している。第一印象を大切にする企業は、業績も良いはず)
  3. 厳しい質問や、答えにくい質問ばかりしない(以前はあった圧迫面接など、今の時代はもってのほかです)
  4. 連絡や書類のやりとりなどが迅速(転職者は一刻も早く連絡がほしいものです。書類などの手続も迅速に行ってくれる企業は、相手のことを大切に思っています)

以上、上から目線で採用活動をしている企業には将来性はありません。従業員と一緒に、企業文化を創っていける企業に入社し、自身のやりがいを見つけてください。