現在が非常に売りて市場だからというわけではありませんが、面接では企業を選ぶ視点を持つべきです。

「本当に、この企業に就職しても大丈夫か」

と、面接の際に情報収集するのです。

つまりは、面接を受ける応募者側も、企業を面接しているような気持ちも持つべきです。

自分のキャリア、一生を左右する職場ですから、当然です。

そのため、面接ではできるだけ多く、事業者の情報を収集するように努めます。

多くの質問をぶつけるのも、1つの方法です。

質問ばかりすると印象が悪くなるのでは、と思うかもしれませんが、全く逆です。

熱心に質問をする人は、それだけ自社に関心があると評価されます。入社したい旨の熱意を示すこともできます。

もっとも、給与や賞与、残業面についての質問はNGです。待遇だけで企業を選ぶのかと勘繰られる恐れがあります。

また、面接時の雰囲気、面接官との相性も大切です。

面接時の雰囲気は、事業者内部の雰囲気に似たものがあります。上司と部下との関係性なども、職場の雰囲気を表します。

面接時に収集した情報、感じた雰囲気などを総合的に判断して、事業者選びに活かしてください。