転職回数が多い方については、それなりの対策が必要です。

なぜなら、「この人は仕事が長続きしない人だ」「物事にすぐに飽きる人かもしれない」「協調性がないのかな?」と勘繰られて、偏見を持たれてしまうからです。

もちろん、各転職に事情がある場合はあります。

今の時代は会社の業績不振による買収や倒産など、本人に転職理由がない場合も多いですが、それでも履歴上は転職回数にカウントされます。

中には、「会社が倒産しても有能な社員だったのならどこかが拾ってくれるはず」と勝手に解釈されてしまうケースもあります。

言い出せば切りがありませんが、とにかく、転職回数が多い場合は、各転職について前向きな退職・転職理由を考えて、時系列で職務経歴書に記載します。

というのも、全てを面接で話していては、とても時間が足りません。

面接官が気になる点を質問してくるように、前もって概ねは記載するのです。

記載した事項を基に質問が来ますので、応募者側も対応を考えやすいし、時間短縮できますので双方のメリットになります。

転職回数がかなり多い方は、簡潔に理由を述べられるように練習しておくと、コミュニケーション能力が高く、理路整然と話せる人だと評価されるでしょう。